■パワートーン素材■

コミックスタジオでおなじみのセルシスさんから発売されている、PhotoshopプラグインPowerTone3 用の、トーンファイルです。
コミックスタジオでも利用できると思います。(私はPhotoshopでパワートーンのユーザーなので、詳細はわからないんですが)

付属ソフトのトーンメーカーで作成しました。よろしければご利用ください。

リンクや、ダウンロードの報告は強制しません。
あ、もちろん何かコメントをいただけたら励みになりますが(^^)
役に立ったらいいなという気持ちで公開していますので、義務ではありません。

でも、他のサイトでの二次配布はご遠慮ください
強硬に著作権を主張する気はありませんが、一応私の作ったものですので…。
他の方にも広めたい!と思ってくださった場合は、サイトのアドレス
http://toma.pekori.to/を紹介していただくか、
個人的にファイルそのもののやり取りをしてください。

なお、トーンファイルの追加方法がわからない方は、まず最初にパワートーンやコミックスタジオ等のマニュアルをご覧下さい。

■パワートーンファイル■
画像をクリックするとダウンロードが始まります。

汎用

■木目■
mokume.tdf


DOWNROAD

手書きの木目です。家具や扉などに使っています。
好みに応じて砂目などを重ねるといい感じになります。


■テキスタイル■
tex_wood02.tdf

06.10.12 NEW

DOWNROAD

服、カーテンなどの布の模様や背景に。
濃度を下げると違った印象になります。

 

以下のトーンはゲームの登場人物の服の柄ですが、
もちろん他の用途にも使えます。

From「咎狗の血」

■リンのチェック■
rin_check.tdt

■キリヲの迷彩■
camouflage.tdt


DOWNROAD


 DOWNROAD

From「塵骸魔京」

■イグニスの蝶■

butterfly.tdt

DOWNROAD

グレートーンですので、「倍率」「濃度」「表現」の変換ができます。
(便利に使うためにパワートーンのアップデータ適用をおすすめします)
▼ ▼ ▼
セルシスさんのアップデータダウンロードページ

《参考》Photoshopでパワートーン利用の場合
 

@上の素材のファイル(.tdtという拡張子です)を適当な場所に保存する(毎回ファイルを読みにいきますので、パワートーンファイルの専用フォルダを作っておくことをおすすめします)

APhotoshopのツールからパワートーンを起動する

Bトーンが並んでいる中で、挿入したい場所の次のトーンで右クリック

C「トーンファイルを追加」をクリック。ダウンロードしたファイルを選ぶ

D一覧に追加されます


当方では、上記《参考》より詳細なサポートはいたしかねます。

■使用例■

     

BACK